竹田街道の駅 topへ

竹田通信

研修旅行に行ってきました(1日目)

18年06月15日

ストーク株式会社・はまな水産合同の社員研修旅行を行いました。

第一斑は、東北への旅です。

180609_01.jpg

伊丹から青森空港へ向け、プロペラ機で出発です。

青森に到着し、まずは、奥入瀬渓谷へ向かいました。

180609_02.jpg

途中、「城ヶ倉大橋」へ立ち寄りました。

上路式アーチ橋としては日本一の長さがあり、谷底までの高さも122m。青森県内で一番高い橋です。

八甲田山系の絶景も楽しみました。

その後、酸ヶ湯温泉を回り、地獄沼・水連沼に立ち寄りました。

180609_03.jpg

180609_04.jpg

沼からは70℃~90℃ほどの温泉が湧き出ているらしいですが、

地面近くはだいぶ冷めていて、ぬるいお湯、という感じでした。

180609_05.jpg

180609_06.jpg花の季節には少し早かったようですが、八甲田山系の美しい山並みを楽しみました。

180609_07.jpg

奥入瀬渓流に入る前に、腹ごしらえです。

「せんべい汁・「リンゴカレー」「豚バラ焼肉」と青森の料理を楽しみました。

その後、奥入瀬渓流へ。

180609_08.jpg

180609_09.jpg

180609_10.jpg渓流沿いを散策。

マイナスイオンを浴びながら、森林浴を楽しみました。

奥入瀬渓流で癒された後は、十和田湖へ。

180609_11.jpg遊覧船に乗り、湖を縦断。

ゆったりと船旅を楽しんだ後は、本日の宿、秋田県の湯瀬温泉へ向かいました。

研修旅行に行ってきました(2日目)

18年06月15日

ストーク株式会社・はまな水産合同の社員研修旅行

2日目は、八幡台平を超え、岩手県へ。180609_12.jpg

八幡平の休憩ポイントでは、まだ雪が残っていました。

雄大な景色を楽しんだ後、山を下り、

次の目的地、小岩井農場へ。

180609_13.jpg

180609_14.jpg

180609_15.jpg

小岩井農場では、バーベキューで昼食。

ソフトクリームで口直し。

お土産を買い物を買い込みました。

移動距離が長く、

それぞれの場所ではあまりゆっくりできず、いそいそと次の目的地へ向かいます。

180609_16.jpg

金色堂のある中尊寺へお参りしました。

写真が禁止されている場所が多く、参道の写真しか撮れていません...。

参拝をすませ、この日の宿、仙台の作並温泉へ。

180609_17.jpg

180609_18.jpg宿では、ボーリング大会を行い、社員の親睦を深めました。

特に、中国から来ている研修生たちは、

ボーリングは初めてだったらしく、

「とても面白い、旅行からかえってからも遊びにいきたい」

と夢中になっていました。

研修旅行に行ってきました(3日目)

18年06月15日

ストーク株式会社・はまな水産合同の研修旅行最終日は、松島へ。

五大堂・瑞巌寺などにお参りしました。

180609_19.jpg

お寺の中は撮影不可でしたので、こちらも参道のみです。

荘厳な襖絵など見学しました

その後、遊覧船で島めぐりへ。

180609_20.jpgいろいろな形の大小さまざまな小島の眺めを楽しみました。

松島観光を終え、帰路へ。市内を通り仙台空港へ。

180609_21.jpg途中、車窓から見える多くの高い建物の周囲には、スロープが設置されてました。

これは、津波から建物の上へ避難するためのようです。

思ったよりも空港までに時間がかかり、

昼食もそこそこに飛行機に乗り込み、伊丹に帰ってきました。

以前の駅の旅でお世話になったバスの運転手さんに再び来ていただき、

今回も良くしていただきました。ありがとうございました。

駆け足で巡る東北の旅でしたが、

スタッフ同士の親睦も深まり、良い旅となりました。

また、今回の旅で見聞してきたことを店舗でのサービスに活かしていこうと思います。

神戸ビーフを入荷しました

18年04月25日

当、おみやげ百選に併設している「但馬牛本舗」では、

ゴールデンウィークに向け神戸ビーフを入荷しました。

180423_01.jpg

なかでも、きめ細かく、たいへんおいしい肉と定評のある

「未経産(子牛を生んでいない)の雌牛」を厳選し入荷しています。

180423_02.jpg

この機会にぜひ、柔らかな極上のお肉をご賞味ください。

180423_03.jpgゴールデンウィークには特別セールも行いますので、ご来店ください。

180423_04.jpg

皆様のご来店、お待ちいたしております。

ソーセージ・燻製の販売を始めました

18年03月08日

城崎の近く、出石に工場を持つ、
「但馬の郷」が製造している
地元、但馬牛や八鹿豚を使用した
「ソーセージ」などの取り扱いを始めました。

180308_01.jpg

但馬の名水を使い、丹精こめて仕上げた燻製品。
ぜひ、ご賞味ください。

180308_02.jpg

出石のソーセージ(スパイシー)  540 円
羊腸詰めのピリッと辛い、粗挽きスパイシーウィンナーです。パリッとした食感が楽しめます。

出石のソーセージ(ガーリック) 540 円
羊腸詰めのガーリック風味、粗挽きウィンナーです。パリッとした食感が楽しめます。


180308_03.jpg
但馬牛入りウインナー 380 円
豚肉のもつまろやかな食感と、但馬牛肉の風味、旨味が相まったウインナーソーセージです。

但馬牛牛すじ煮込みソーセージ 380 円
自家製のタレの中で但馬牛のすじ肉をコトコト煮込み、それをソーセージに混ぜ合わせた商品です。黒毛和牛のコクのある味わいとコリ、トロっとした食感が楽しめます。


180308_04.jpg
干し肉 420 円
厳選した牛肉を使用した乾燥牛肉(ビーフジャーキー)です。かめばかむ程に牛肉のうまみやコクが広がります。

八鹿豚のくんせい(モモハム)  650 円
きめ細やかでやわらかな肉質と濃厚でいて後味はすっきりとした脂が特徴の兵庫県養父市の「八鹿豚」を使用してくんせい品です。